南城市観光情報 南城なび|NANJO Navigator

→お問い合わせ

南城なびトップページ360°パノラマ体験 > 島添大里城跡

島添大里城跡

360°パノラマ体験へ戻る

南城市大里地区にある城跡です。14世紀ごろ、当時の島尻地域を支配していた武将、島添大里按司(しましーおおざとあじ)によって築かれたグスクです。島添大里城跡は崖を背に、しっかりとした城壁を築くなど、自然の地形をうまく取り入れた構造をしています。木々が豊かに茂る中、ところどころに拝所などが設けられ、神聖な雰囲気を漂わせています。島添とは「島々を支配する」という意味で、このグスクを造った島添大里按司は大里、佐敷、知念、玉城地域を支配下に置くほどの勢力を誇り、中国の明王朝とも盛んに貿易を行ったと言われています。島添大里城跡からの眺望は良く、勝連グスク、中城グスク、首里グスクなどの動向を把握できる戦略的に有利な位置に存在しましたが、後に初代の琉球国王になった尚巴志(しょうはし)によって三山統一の足がかりとして攻め落とされ、統一のための軍事拠点として利用されました。島添大里城跡は2012年1月24日付で国指定史跡となりました。