南城市観光情報 南城なび|NANJO Navigator

→お問い合わせ

南城なびトップページ360°パノラマ体験 > 玉城城跡

玉城城跡

360°パノラマ体験へ戻る

玉城地区にある玉城城跡。琉球を開いた神・「アマミキヨ」が築いたと言われています。 久高 島や沖縄本島の中南部が見渡せる高台にあります。急な坂道を登ると、自然の岩をくりぬいてできた印象的な円形の城門があり、ここからの眺めは特にすばらしいものになっています。城は、主郭 のほか、二の郭、三の郭で構成されていましたが、そのほとんどは戦後、米軍施設の建築材料として持ち出されたため、現在はあまりその姿は残っていません。主郭の中にはかつて、琉球国王も参拝したと言われている「天つぎ・あまつぎの御嶽」があり、当時から現在に至るまで 聖地をめぐる「東御廻い」(あがりうまーい)の拝所のひとつとして参拝者が絶えません。城跡の範囲を確認するため行われた調査では、城跡一帯から、土器や輸入陶磁器、鉄製品、古銭などが出土しています。玉城城跡は昭和62年 、国から史跡に指定されています。